防水工事について

ベランダ、バルコニー等の防水工事は、建物の寿命を延ばすために「絶対に必要な工事」の一つです。その理由は、防水工事をしなかった場合に起こる「劣化のメカニズム」にあります。時間とともに劣化が進行し、防水性能を発揮できなくなった箇所から、建物内部に水が浸入するようになります。建物内部に浸入した水は雨漏りを発生させるだけでなく、木造では大事な柱や梁を腐食させ、鉄骨でも骨組みにサビが生じ、強度をどんどん弱くしていきます。場合によっては建物に浸入した水が原因で、菌やカビが繁殖してしまうこともあります。つまり、防水性能が失われると建物を蝕み、寿命を縮めることにダイレクトに繋がってしまうということです。建物の寿命を延ばすには、定期的に防水工事を施し、建物に水を入れない状態を保っておくことが重要です。

点検の目安

栄和建設が考えるリフォームのサイン

防水工事の工法によって耐用年数に差がありますが、おおよそ10〜15年周期で防水工事を行なうのが一般的です。また、年数とは別に、雨漏り、水がたまる、ひび割れ、防水シートの浮き、防水シートの破れ、雑草が生えている等が目立つようになれば、防水工事を考えた方が良い時期といえます。


工事の種類

一般的に良く行われている工事をご紹介致します

ウレタン防水

ベランダのウレタン防水は、床面にウレタン樹脂を重ね塗りして防水層を形成する工法です。床の形状を問わず施工でき、見た目も継ぎ目がなく美しいのがメリットです。


FRP防水

ベランダ防水におけるFRP防水は、木やコンクリートで作られたベランダの上にFRP製のシートを敷き、その上を樹脂(トップコート)で固める工法です。ベランダの軽さと強度の両立が重視される場合に向いています。


シート防水

ベランダのシート防水は、厚さ1~2mm程度の塩ビ製やゴム製のシートを床面に貼り付ける工法です。防水工事のなかでは施工費が安く、平らで面積が広い床面に向いています。

Contact Us

お問い合わせ

栄和建設は、都内近郊(東京 / 神奈川 / 千葉 / 埼玉)を中心に、活動しております。ご相談・お見積もりのお問い合わせは、メールフォームからお願い致します。3日以内に担当者からご連絡させて頂きます。

お問い合わせはこちら